×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぽけっと☆ http://pocketstar.nobody.jp
とっぷ ぷろふぃーる さいとまっぷ れんあい おはなし
にっき きまぐれ けいじばん めーる りんく

にっき  

 2004年 8月 

8月1日 『誕生日』



今日はなおくんの誕生日。

日付が変わる頃 今年も同じようになおくんに送るメールを考え
日付が変わったと同時に おめでとうのメールを送った。



私が一番におめでとうを言う人でありたい。



これは私の意地なのかも。
他の人に先を越されるのはやっぱり嫌だった。

いつものようにそっけない ありがとうの返事がきた。
これも、毎年のこと。


変わってないことに ほっとした。



夕方。
プレゼントを渡すために家を出た。

といっても何をあげるかも 全く考えてなかった。
とりあえず難波に行く。



お気に入りの雑貨屋さんへ。



考え出したらきりがない。

どれが喜んでもらえるんだろう?
今何が欲しいんだろう?
実用的かな?使ってもらえるかな?


そんなことばっかり考えてると 買うものがなかった。


だから、最後はフィーリング。

『あ、これあげたい』

直感的にそう思った置時計?と なんとなく好きそうな玩具。
そして、お手紙用の便箋とペン。


全部購入すると 真っ直ぐなおくんの職場へ。



お店の前にバイクが止まってるのを確認したら 近くの喫茶店へ。

これはもうお決まりになってる 私の行動パターン。
バレンタインの時もそうだった。

心を落ちつかせて 気合いを入れる場所になってる。



2・30分で手紙を書いた。

おめでとうって内容ではじめたのに 最後には・・・・。
「この1年辛かったです」なんてことまで書いてしまった。
気長に待つ自信がないってことも。

全然めでたくない内容の バースデーレター(苦笑)

でも、せっかく書いたから プレゼントの中に入れた。
書き終わって コーヒーを飲み干して いざ出陣!


真っ直ぐお店に向かって そのまま真っ直ぐ中に入って
すぐにプレゼントを渡した。

すぐ帰ろうか迷ったけど ついつい居座ってしまう。


早速プレゼントを開けて中身を見てた。
気に入ったかどうかは微妙だけど ありがとうって言ってもらえた。

あと30分したら帰ろうと思いつつ 結局2時間ちょい。
閉店まで居座ってしまった。


ずっと私が喋ってた。
なおくんは仕事をしながら 私の話を聞いてるだけ。



お給料の話になった時に なおくんが言った
『お〜じゃあその給料で 夕飯どっか食べに行って奢ってや』


私「・・・・・・。」



2日前に誘ったメールは ムシやのに?


「だから、ご飯行こうってメールしたやんか。」
「返事なかったやん」


少しの沈黙の後
『じゃあ、仕事終わったら 喫茶店でも行くか』
って。


やっぱり夕飯はダメやった。
でも、思ってもなかった喫茶店。

それだけでも 嬉しかった。



閉店後喫茶店へ。

ここでは 私はあんまり話さなかた。
沈黙ができても 私からは話さなかった。





変わりになおくんが話してた。
相変わらずでバイクの話ばっかり。




楽しかった。
30分。本当に短かった。


バイクが倒されないか 自転車が倒れてきてバイクが傷つかないか
そればっかり気にしてたので 30分で店を出た。

思ったより早い時間だったらしく どこかに行こうかと
考えてくれたみたいだけど 思いつかず。



30分の短いお話だけでバイバイとった。

やっぱりバイバイするときは寂しい。
でも、嫌とは言えず 目で訴えてみた。


ダメだった。



『ありがとうな。じゃあ』

と言ってバイクにまたがる。
軽く手を振って バイバイ。


信号待ちで止まった時 もう一度バイバイって手を振ってくれた。


姿が見えなくなって ものすごく寂しくなった。
涙が出るかと思った。


最近色んな事で私の中で 変化が起こってるけど・・・・。
この部分だけは まだ変わってない。

来年も「おめでとう」が言える存在でありたいと思った。





8月2日 『真夜中のメール』



日記を書き終わって ウトウトとしはじめた頃
電話が鳴った。



なおくんからのメール着信音。

目が覚めた。



ドキドキしながらメールを見る。




『久しぶりに顔見たけど、だんだん『いい女』になってきてるかな?って。

いろいろ思い悩んでるみたいやからな〜。
いろんな意味で早く『大人の女』になって欲しいと思う。
あとはタイミングやね。

時計ありがと。

デザイン的にはかなり気に入ったよ。
目覚まし機能は音量不足だが・・・。』



読み終わったと同時に 泣いてしまった。

きっと、私のあの手紙読んだんだろうな・・・・。
まさか手紙読んだ後 返事が返ってくるとは思ってなかった。

予想外のメールに嬉しいやら ちょっと複雑。



これで当分私の気持ちは穏やかなのかもしれない。

またすぐに不安に襲われるかもしれないけど・・・・。
私を上手く繋ぎとめる為の 丸め込むためのものだったの
かもしれないけど・・・・。


このメールを少し信じて 自分のペースで頑張ろうと思う。
私の気持ちがどうなるかも 今はわからなくなってきたし。
いろんな意味で少しだけ前に進んだ気分。



涙が込み上げてきてからおさまるまでの5分。
メール一つで泣ける自分がなんだか 愛らしかった。





8月3日 『花火大会』



今日は淀川の花火大会。



といっても、私はお仕事でした。
19時に帰ってもいいんだけど 残業。
花火見たい組みはさっさと帰っちゃいました。


小雨が降ってたけど バンバンと大きな音が響いてました。




この花火。
どうやら我が家のベランダからも見えるかと思われます。

思われますってのは 確めた人がいないから。


去年は花火大会の日に従兄弟の結婚式があったので
私も弟も帰省してたから 見てない。
そして、今年は2人とも仕事が遅かったので見てない。


ちょっと早めに帰って見ようと思ってたのに・・・・。

ついつい残業しちゃって なにも考えず帰ったら
ちょうど花火終わりのラッシュにぶつかりました。



自分で勝手に残業して 考えなしに帰ったから花火終了ラッシュ
にぶつかったのに そんなの関係なく私はかなりの不機嫌。


「私は仕事帰りなの!」
「あなた達みたいに花火見て遊んでたわけじゃないの!」


って心の中で愚痴ってました。
日記ではかなり柔らかい表現に変えてますが(苦笑)


だって、前を歩くカップルはいちゃついてるから歩くスピード遅いし
人多いから割り込みとか普通にされるし・・・・。



まぁ、冷静に考えると・・・・。
好きな人と楽しそうに浴衣着て花火を見に来てる女の子をたくさん見て
嫉妬しただけなのです(苦笑)


普通に羨ましかっただけ。

来年はこそは・・・・。


ダメだったらせめて家のベランダからでいいんでゆっくり見たいなぁ。





8月5日 『母上』



昨日の夜から母上が 実家からやってきてます。
珍しく出張だそうで 出張先が兵庫県ということで
我が家にやってきたのです。

が、出張先は家から一時間半くらいかかる場所(苦笑)


まぁ、ついでに私達 姉弟の生活っぷりのチェックも
しようと思ったんでしょうね。。。


今日は私より一時間以上前に家を出たのに 机には
朝食のおにぎりと お弁当が置いてありました。

急いだけど30分残業して帰ったら 夕飯が用意されてました。

こういうのってすごく久しぶり。
ちょっと感動でした。



一人暮し5年 弟と暮らして1年。
実家を出てから6年。



母上のありがたみを 身を持って感じたと共に
スゴイなぁと尊敬してしまいました。


こっちに来てる間に親孝行?何かしてあげたいけど
まだまだコドモな私は逆に頼ってばっかり。
ダメだなぁ。


あいかわらず 心配かけまくってるようで・・・・。
いっぱいお小言もいただきました。

明日こそは残業ナシで帰りたいけど 自信ないなぁ。
あんま遅いとまたまた心配かけるしなぁ。


と、ダメ娘っぷりが目立ちます。
日曜日までいてるから それまでに何かできるといいな。





8月9日 『阿波踊り』



今日から地元の阿波踊りが始まりました。
11日までの3日間。
そして、12日に花火大会。

うちの地元は・・・・。
お盆の前にイベントごとが目白押しなのです。


ちなみに徳島市内だと阿波踊りが12日から15日まで。
たしか、徳島県内でそこそこ大きな阿波踊りは日程が
重ならなくなってるはず。

だから、県内でお盆前後はどこかで絶対に阿波踊りがある。
そんな状況になる・・・・・はず。
私の記憶が間違ってなければだけど(苦笑)



で、そのトップバッターが私の地元。

阿波っ娘たるもの 阿波踊りが無いと夏が始まらない。
阿波踊りが終わると夏が終わったって気分になる。


そんな、私にとっての夏 阿波踊りが今日始まりました。
残業しながら 『あぁ今ごろ始まってるだろなぁ』と
意識は違うところに飛んでました。


学生を卒業してから なんだかんだでお盆前に実家に帰る
って状況が難しくなってきた。
お盆にはお休み取れるけど 前にずらせないもんねぇ。


めちゃ遠いって訳じゃないけど なんとなく徳島市内の
阿波踊りに行く気になれなくて・・・・。
もう2年は行ってない。

2年も夏を感じてないのです(T-T)

地元だったら 家を出たら真ん前が阿波踊りの会場で
私の部屋からは桟敷(観覧席)が見えるのに。


だから、わざわざ見に行こうって気にならないのか?




そろそろ限界みたいなので 今年は頑張って徳島市内に
見にいこうかなぁ なんてこともちょっと考えてます。



が、人多いから いざ行こうかってなると『う〜ん』って
考えてしまいそうなのも事実。
多分当日の私の気分次第です(苦笑)

夏休みがもっと長かったら 解決するのにね。
あうぅ。





8月10日 『いよいよ夏!!!』



明日から弟はお盆休みです。
ってことで、今日の深夜に実家に帰ります。

こっちに帰ってくるのは12日の夜。
羨ましぃ〜っ!!!
私は12日まで仕事で12日の仕事終わりにそのまま実家へ帰省。

お休みの数は1日弟が多いだけなんだけど・・・・。
それがすっごく羨ましい。
阿波踊りも花火大会も 満喫できるんだもんなぁ。

ちょうど私と入れ違い。
ということで、今年のお盆も家族全員が揃うことはないみたい。


弟は海水浴にも行くみたいで 海水パンツを出したりと
荷造りをしてる。楽しそう。
海水浴なんて もう数年行ってないなぁ。

どんどん休みの人が羨ましくなって 仕事が手につかない(苦笑)
あと2日ちゃんとお仕事できるかなぁ?
今サボっちゃうとお盆開け・月末がくるしくなるから・・・・。
頑張りどころだけど 私の頭はもう夏休み。


あぁどうやって乗りきろう(苦笑)





8月12日 『流れ星』



今朝、仕事をしながら 事務所でかかってるラジオを聞いていた。
そこで、今夜流星群が見えることを知った。

流れ星には 特別な思い出がある。


久しぶりに流れ星を見たくなった。
ちょうど、今夜実家に帰る。
都会の曇った空よりも断然実家の方が 星は見えるに違いない。
私の家には屋上があり 寝転んで空を見ることもできる。
だから流れ星を見ようと決めた。


夕飯を食べてゆっくりしてたら ピークの時間帯は過ぎていた。

でも、どうしても見たかったから・・・・。
一人で屋上まで上がって 一人で寝転んで 夜空を眺めた。


私が想像してたほど 星は見えなかった。
子供の頃に見ていた空より 少ない気がした。
私の目が悪くなったから? それとも 空が汚れてしまったから?
どっちもかな?

隣りのビジネスホテルの看板のネオンせいで 空が少し明るくて
余計に星が見えにくかった。

それでも空を眺めていたら だんだん目が慣れてきて・・・・。
星がたくさん見えてきた。



ずっと空を見ていたら なんだか吸い込まれそうな感覚になる。


流れ星はまったく見えなかったけど 空を眺めるだけでも
なんだか気持ちよくて 一人でいろんなことを考えながら
ずっと星を眺めてた。

30分くらい時間が過ぎた頃 目の前を星が流れた。

「あ!!!」

一人なのに思わず声が出た。
あっという間だけど とても綺麗だった。
もちろん願い事なんかする間もない ほんの一瞬の時間。

それがあまりにも綺麗だったので なかなか部屋に戻れなかった。
あと1コ見たら部屋に戻ろう そう思いながら更に30分。
約1時間で見れた流れ星は4コだった。



一番最後の星は 私の正面を尾を引いて流れた。
ちょっと感動。


一人で星を眺めた時間。
私の夏休みの素敵な思い出。


ただ、蚊に刺されて あちこちが痒いけど(苦笑)





8月16日 『ただいま』



昨夜我が家に帰宅しました。
今夜で夏休みも終了です。

全く夏らしくない夏休みでした。

友達といっぱい話して おいしいものをいっぱい食べて。
変わりない里帰り。
夏的要素はまったくなかったなぁ。



あれだけ行きたかった阿波踊りも 渋滞を見て行く気が失せました。
だって、いつもなら1分もかからず見えてるものを
渋滞に巻き込まれながら 何十分?何時間?かけて見にいくなんて
そこまでの元気が無かったです。
恋人と行くならそりゃ元気も出るけど・・・・。
何が悲しくて ひとりで見にいかなきゃならないのさ?
って思っちゃって・・・・。

ナンパされるの目的に ひとりでおめかしして行くような年齢でもないし。

結局、実家で母親と妹から散々な口撃を受け。
ずっと見ようと思って見るの忘れてたビデオを見たくらい。



実家。
大好きな町。
帰りたいなって思うことはあります。


でも、今帰るべきではないとも思う場所。

それを上手く言葉にして表現できない私。
早く帰ってきて 目の届く場所で落ちついて欲しいと思う母。
やっぱりぶつかりました。

そして、本気なのか冗談なのか 母の見方をする妹。
早く帰って来いと急かす友達。
私の恋愛全てを否定する友達。

私のことを心配してくれてるのは 十分わかるけど・・・・。
今はダメ。
そう思う。

実家に帰ることは逃げることになると思う。
でも。
実家に帰らずここに居続ける事も逃げなのかもしれない。


理解してもらえないことに 腹が立つ。
自分の考えが自分でもわからないことに腹が立つ。



そんなに結婚って大事なことかな?
好きな人と結婚しないと意味が無いと思うのは間違いなのかな?
20代半ばになると結婚前提の恋愛しかしちゃいけないのかな?
私の恋って遊びなのかな?

私は精一杯自分の気持ちに正直に動こうとしてるのに。
それはダメなことだって全てを否定される。



結婚の為に恋愛をしなさい。
好きじゃなくても付き合ってみないとわからないでしょ?



そんなことを言われて・・・・。
大好きな場所のはずが 少し居心地が悪かった。
もしかしたら、私の場所は無くなるのかもしれない。

年々帰る度に感じる違和感。

リンパ腺?かその辺がちょこっと腫れてた。
舌にできものが出来てとても痛い。
実家を出る前に冗談で
『こっちに帰ってからストレス溜まったからかなぁ?』
なんて言ってたんだけど。
本当にストレスでできるものなら そうなんだろうな。



ただいま。
きっと、今ここが私の一番の居場所なのかもしれない。
だから、ただいま。
なんだか帰ってきてほっとした。

明日から仕事だって考えると 気分は重いけど。
いつもの日常が戻ればどうってことない。
明日からまた頑張ろう。




8月17日 『色々いっぱい』



会社帰りに初飲みに行くコトになって いろんなコトを話した。
で、いろんなことを考えた。

お仕事のコト。
明日からちょっとだけ給与体系とかが変わるらしい。
結果を出せば それに伴ってお給料も上がる。
ダメなら下がる。
そんなわかりやすい形に。

不安でいっぱいなんだけど まだ初めて1ヶ月。
頑張るしかない。
向上心がないとやってけない仕事だってのはわかってるけど。
自分に出来るかな?って不安はやっぱりある。

不安なんかつきもの。
それだけ自分にチャンスを与えてくれる会社なんだって思えば
頑張れるのかもしれない。
とか言いながら、不安と期待でぐちゃぐちゃ。
とにかく頑張ろうって気持ちだけがはやる。


恋愛。
お酒が入ってたので なおくんの話もちょっとしてしまった。
年上の人からの意見(特に女性)って聞いたことがなかった。
だから、言われたコトが衝撃的だったり新鮮だったり。

結果は逃げずにはっきりさせた方がいいってコトなんだけど。

二十歳半ばの小娘が考えてるほど 三十歳半ばの男性の気持ちは
簡単でないのかもしれないと思った。
ちょっとはっとした。
でも、なおくん一般的な三十歳半ばの男性じゃないしなぁ・・・・。
なんて思ってしまう自分もいる。

好きじゃなくて情が移ってるんちゃう?
全てを否定できない自分がいる。
でも、なんで些細な事で泣けちゃうんだろう?
あんなに心が動くんだろう?

私が考えてもなかったコトを 色々言われてちょっとこんがらがった。
30代の女性の言うコトは ものすごく説得力がある。
っていうか30代だからとかじゃなくて その人だから説得力が
あるのかもしれないけど・・・・・。


携帯電話。
今朝から抜群に調子が悪い。
私の使ってるのはソニーエリクソンの。
電話で絶対に使う場所。
私はクルクルっていってるんだけど・・・・。
あそこの調子が激悪。
回しても動かない。なかなか動かない。
アレが動かなかったら使えないも同然なのに(T-T)

しかも、私はクルクル目当てにソニーばっかり使ってる。
まぁいつも機種変のキッカケは クルクルが壊れたから(苦笑)

今、ソニーので欲しい携帯がある。
まだ出たばっかりだから もうちょっと下がるまで待とうとしてるのに。
なんか仕組まれたように調子悪い。

困った。
なんかこのままだと 耐えられなくなって今度の休みには機種変を
してしまってるかもしれない。


夏休みが終わったと思ったら 考えることがぐわぁ〜っと押し寄せてきた。
うかうかサボってられないなぁ(苦笑)





8月19日 『携帯電話』



壊れました。


もうジョグ(最近知った名前)が全く動きません(T-T)
メールボックス開いても 新規作成しか使えない。
新規作成もアドレス入れるまでしか出来ない。

ハイ。
全く使えません。


電話もかかってきたら出れるけど・・・・。
電話帳検索は出来ません。
番号知ってる人にしか かけられません。


携帯電話依存症の私には この状態がイライライライラ・・・・。
明日早起きして 機種変に挑戦してきます。
もうお休みまで待てない!!!


話変。
昨日からカウンタが ぐるんぐるん回ってます。
代打日記の効果ってスゴイなぁ。

自分のサイトとかけ離れてるものを書くのはとっても楽しかった。

ある意味 身を削った感はあるけど。
そういうのも好きだなぁって思った。

ココはココで。
代打みたいなのはまた別に。
また書きたいな。


どっちも私だから。
ギャップを感じてもらえるのも おもしろい。
また機会があれば どこかで書こうと思う。

どこかで別の私を見つけたら・・・・。
よかったらコッソリ見てください。





8月22日 『カウントダウン』



今日は一番長い付き合いの友達 くみちんの誕生日。


何回も書いてると思うけど くみちんとは小学校1年からの友達。
もう18年にもなるんだなぁ。

毎年恒例になったバースデーメールを送った。



特に変わった内容でもなく 毎年おんなじことばっかり書いてる
そんな気がするバースデーメール。



そして。



今日から私の誕生日カウントダウンが始まる。
ちょうど1ヶ月後が私の誕生日。
毎年、くみちんにバースデーメールを送ったあとから
自分の誕生日を意識してしまう。



また1歳 年齢を重ねることを意識し始める。



今年はいつもよりも 意識してしまってる気がする。
やっぱりひと区切りと考えてしまう年齢だから?

四捨五入30歳。
20代後半の始まり。

意識せずにはいられない。

悪いことばかりじゃないとはわかっているけど・・・・。
年はとりたくないと思う。

毎年バースデーメールを送ると 私より1ヶ月早く
年をとった その感想がくみちんから送られてくる。
今年の言葉は




『25歳はなんだか今までに感じたことのない重みを感じます』




複雑な気持ちを抱きながら あとの1ヶ月。
20代前半という時期を 楽しくいきたい。





8月23日 『残業』



最近、やっと仕事にも慣れたと思ったら・・・・
当たり前のように残業の日々へ転換。

これといってやらなきゃいけない仕事が山積みって
わけでもないのに 気付いたらついつい残業。

前は18時半すぎたら あと30分で終わりだ♪
ワクワク♪
って感じだったんだけど それもない。


他の人も定時に帰る人はまずいない。
今日も会社を出たのは21時半。



でも、4番目に早い帰り。



一体みんなは何時まで会社にいるんだろう?
まだまだ私の抱えてる仕事の量が少ない証拠?

でも、21時半に会社を出ると帰宅するのは22時過ぎ。
夕飯作ったりしてたら あっという間に0時過ぎ。



みんなは自分の時間は確保できてるのかな?

仕事が苦ではないけれど 自分のしたいコトを気兼ねなく
する時間も欲しいと思う。

残業との付き合い。
少ない時間との付き合い。

上手く付き合いたいなぁ。





8月26日 『ふと、気付く』



ふと、足元を見る。
ペディキュアがハゲハゲ(苦笑)
サンダルはボロボロ。

さらに。

前髪は伸び放題。
化粧っ気なし。


いくらなんでも これは酷すぎる。

好きな人に会う機会がないと ココまで気が抜けるんだ。
ある意味スゴイかもしれない。
会社はほとんど男性なのに・・・・。



とりあえず、ペディキュアは塗りなおし。
前髪は自分で切った。

前髪ができると、なんとなく若返った気がする。
が、これではオトナの女じゃない(苦笑)
そして・・・・余計に顔が丸く見えた。


やっぱり最近たるんでるなぁ。

ダイエットも全然。
秋に向けて 誕生日に向けて ちょこっとだけでも自分改造。


やりたいな。
できるかな?


よし、頑張るぞ。





8月27日 『2つの教訓』



今朝、家を出て50メートルくらい歩いたところで
コンタクトレンズが外れた。


そして、風に飛ばされた。


使い捨てでよかった。

でも、この電車を逃したら遅刻だなって時間。
替えのコンタクトは持ってない。
引き返したら明らかに遅刻。

かといって、コンタクトなしで行ったら仕事にならない。
泣く泣く家に引き返した。


無事コンタクトレンズ装着。
そして、また同じことが起きたときのために替えのコンタクトを
かばんの中に入れた。

あぁ、今から歩いて駅に行っても 電車には間に合わないなぁ。
でも遅刻の罰金2000円も痛い。

ふと、いいことを思いつく。
私には原付というものがあったじゃない。
私のかわいいかわいい原付。



最近はお休みの日にほんのちょこっとだけ乗ってる。
駅までは決して乗っていかない。

それには理由がある。

弟が乗っていったとき駅前にとめて 撤去されたから。
撤去されると保管代金5000円。



迷う。

遅刻して2000円罰金をとるか。

撤去されたら5000円かかっちゃうけど・・・・。
撤去されなかったら 0円で済む。



原付を選んだ。
おかげで遅刻はしなかった。


が、


一日中原付が撤去されてないか気になった。
盗難にあってないか気になった。

どこにでもあるDioだけど・・・・。
ちょこっと他とは違う なおくんの改造済み。



原付を止めた場所を見るまでは心配で心配で・・・・。
普段はそこまで気にしないけど さすがに10時間以上も放置すると
心配になるもんだ。

とめた場所に ちゃんと とまっているDioを見てほっとした。
よかった。

これからはコンタクトが1回くらいなくなっても大丈夫なように
ちゃんとスペアは持ち歩こう。
そして、やっぱり会社に行くときは 駅まで原付禁止。
気になってしょうがないから。





8月28日 『晩夏の花火』



今日はうちの近所では今年最後の花火大会があった。



最後だから ちょっとでも見たいなって思ってたら
今日はいつもより早く仕事が終わった。


家に着く頃には 花火も始まってた。






ベランダじゃなくて踊り場から見える 花火。








家に入らず カバンを持ったまま 身を乗り出して見た。







台風の影響で 風に流されてすぐに消える花火。


夜風が冷たくなってきたなって感じながら見る花火。


夏の終わりに見る花火。






なんだかとても寂しくなった。

隣りに一緒に見る誰かがいたら 寂しさも和らいだのかな?








私の隣りでは 弟&彼女が見てた。







余計に寂しくなった。






前の花火の時に イチャついてるカップルを見てイライラしたって
書いたけど・・・・。
イライラする原因は イライラの矛先は 自分だと気付いた。


逢いたいのに 逢いたいと言えない自分。
誘って欲しいのに それを気付かれないようにしようとする自分。
結局 怖くて逃げてる自分。


気付いたら今年もひとりで それが無性に虚しくなったんだ。
そんな自分にイライラしてたんだ。




強風の影響で 上がってはすぐ消える。
いつも以上に とても儚いものに見えた。


全然暑くない気温に アンバランスさを感じながら・・・・。
今年の夏も終わりだと思った。



来年の夏こそは 好きな誰かと花火を見たい。
そう思いながら 今年最後の花火を目に焼き付けた。



もどる


Copyright(C)2003-2005 deme All rights Reserved