×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぽけっと☆ http://pocketstar.nobody.jp
とっぷ ぷろふぃーる さいとまっぷ れんあい おはなし
にっき きまぐれ けいじばん めーる りんく

にっき  

 2004年 10月 

10月5日 『5年』


今日は私には大切な日だった。
何か特別なことをする日ではないけど 忘れられない日。

従姉の命日だった。

5年前の今日。
お姉ちゃんは33歳の若さでこの世を去った。


歳が離れてたから 私にとって憧れの人でもあった。
めちゃめちゃ頭がよくて お姉ちゃんのようになりなさいって
母上にはよく言われてた。 
いろんな国に旅行に行ったり 素敵な写真を撮ったり・・・・。
お年玉変わりにセンスのいいお土産や 手作りの小物をくれた。

ちっちゃい頃見てた お姉ちゃんと同じくらいの年齢になったけど
やっぱり敵わないなぁ スゴイなぁと思う。


お姉ちゃんの病気を知ったのは 亡くなる2ヶ月前くらい。
それまで全くなにも知らなかった。
病気になっていることさえも知らなかった。

知っていたのは従姉の家族と私の両親だけ。
おじいちゃんおばあちゃんも知らされてなかった。


症状が重くなって 大きな病院に行く時。
私の兄弟3人にあてて 手紙を書いてくれた。
そこには、病気のことについて 自分の病気を知ってからのこと
そして・・・・。

いろんなお姉ちゃんの気持ちが書かれていた。

最後に、私のことを思い出して ニコっと笑ってもらえたら
それでいいです。って そういうことが書かれてた。


自分の命がもう長くないと わかると言うのはどんな気持ちなんだろう?
どんな気持ちで あの手紙を書いたんだろう?

今考えても 私には想像もつかない。


5年前の今日。
妹からの電話で お姉ちゃんがなくなったのを知った。
電話を切った直後 声を出して泣いた。大声で泣いた。

こんなに悲しいのに 思い出して笑える日なんて来るはずない。
そう思った。


お姉ちゃんの意志で お葬式はしなかった。
お墓は作らなかった。
私の中のお姉ちゃんは 夏休みビデオの録画をお願いして別れた。
その時のバイバイって言った元気な姿。
それが私の見た最後のお姉ちゃんだから。


あれから5年。
笑えないと思ってたけど 思い出してニコっと笑うことができる。
お姉ちゃんに向かって 元気だよって語りかけることができる。

とても長い時間だけど。
あっという間の5年だった。

私はこの5年に何かできた?
そう考えると・・・・。


お姉ちゃんの病気のことも 勉強しようと思ってたけど
どうしても思い出しちゃって 直視できない自分がまだいる。
私も力になれるかもしれないのに 何もしない自分がいる。

お姉ちゃんみたいな人を増やさない為にできることはあるのに。



また、お姉ちゃんの亡くなった年齢に1つ近づいた私がいる。
さすがに今日は生きること 死ぬことについて考えた。

お姉ちゃんを思い出して ニコっと笑う。
そして、涙が出る。


私はこの通り元気にやってるよ。
近くにいるであろうお姉ちゃんに話しかけた。





10月6日 『チョコレイト工場』



ちょっと前のことだけど・・・・。

先週の金曜日。
前に働いてた会社の 同期の男の子から久しぶりに
メールがあった。
で、久しぶりに 飲みにいくことになった。

突然のお誘いだけど そこはなんとか都合をつけて
待ち合わせが神戸駅だったから 頑張って仕事を
早めに切り上げて 神戸まで。

1年ぶりの再会だったけど お互いに相変わらずで
スゴクしんどかった あの時の仕事もお互いに
笑い話にできてた。

お互いにもうやりたくないけど いい経験だったねって
笑ながら話した。



久しぶりだから話も弾む。
気付けば最寄駅沿線の終電は終わって・・・・。
JRしか残ってなかった。

初めてJRの最寄駅を使った。



駅に降りた時。
とっても甘い匂いがした。深夜なのに。

ふと周りにある建物を見ると 有名お菓子メーカーの看板。


「あ、ここってチョコレイト工場?」


その時 頭の中である曲が流れた。







『夕暮れ僕の街には チョコレイト工場の匂いがする〜♪』






槙原敬之の『NO.1』

最近テレビでもよく見かけるから? すぐに浮かんできた。
そう言えば 関西出身だったなぁ。
チョコレイト工場の匂いがする町は本当にあるって
聞いたことがあったのを思い出した。

この辺りだったりして・・・・・。
なんてふと思った。


思いがけないことで ちょっと嬉しかった。


改札を出たら 甘いチョコレイトの匂い。
なんだか得した気分だった。





10月8日 『最先端』



お昼休み 先輩と一緒にランチに行った。

外に出たら 少しだけ雨が降ってたから傘をさして。
ちょっと寒かったから 今日はラーメン。


お昼を食べ終わって 会社に帰る時。
傘をさしたけど なんとなく降ってないような感じ。
これくらいなら濡れてもいいや。
と傘をたたんだ。



それを見た先輩も傘をたたんだ。



周りはまだ傘をさしている人がいっぱい。
会社までの帰り道。





前から来る人が 私達を見て 傘をたたんだ。

すれ違った人が 直後に傘をたたんだ。

向かいの道を歩いている人が 傘をたたんだ。




私達を見る人ほとんどが 傘をたたむ。



なんだかとても面白かった。
ちょっとだけ優越感。






『なんか面白いね。私達が時代の最先端行ってる感じ(笑)』







先輩とそんなコトを話しながら 会社まで歩いた。
こんなことでも時代の最先端(笑)





10月9日 『マヌケ』



仕事帰り。
いつものように駅前のスーパーに寄った。



今日は夕飯に作るものは決まってる。
ずっと食べたかった 母上直伝カレー。




足りない材料も頭に入ってるし・・・・・。





お店に入ってすぐに商品をカゴに入れる。
そして、レジに行く。







ピッピッピッ・・・・。








合計金額が出るまでにお財布の中を見る。









!?
















お金が入ってない(泣)
ヤバイ。

合計金額が出た直後。
レジのお兄さんに・・・・・





「すいません。お金おろしてきてもいいですか?(苦笑)」





そして、スーパーを出る。
隣りに銀行のATMが。

と思ったら時間は21:30をすぎてる・・・・・。
シャッターが(泣)

もう1つの銀行もやっぱり閉まってて。






このままなかったことにして 家に帰ろうかな?
頭の中でよぎる。



が、毎日行ってるスーパーだし これで気まずくなったら
帰りに寄るスーパー代えなきゃになる。





ということで、ちょっと離れたローソンまで走る。
持ってるカードは郵便局のみ。
近くに郵便局あるのにATM使えないなんて(泣)

ローソンでお金をおろす。





もちろん手数料がかかる。









必要な金額は1000円で十分。
でも、1000円おろして 210円の手数料がかかるのって
なんだか損した気分。

意味もなく10000円おろした。
結局使うのは1000円で・・・・。
なんだか無駄な動きをしてるような(苦笑)


お金をおろしてから猛ダッシュ!!!
気まずいながらももう一度レジで清算してもらいお金を払う。



あぁ、なんてマヌケなんだろう。
昨日給料日でまだお金おろしてなかったから 財布の中は
寂しくなってるなぁって認識はあったけど・・・・。

まさかお札がなくなってるなんて(泣)



今考えても恥ずかしい。
お買い物をする前はちゃんとお財布の中を確認してから
レジに行きましょう。

本当に勉強になりました。





10月19日 『我慢の限界』



せっかく10000HITと気を良くしてたんだけど・・・・・。
サーバーがダウンしてもう4日すぎた。

一日に何回もアクセスするが 入れて2回くらい。
まだ、5日くらいメンテナンスで使えませんよとか
数日前に言ってくれてるなら別だけど・・・・。

いきなりダウンして この前のメンテナンス後の不具合が・・・・
とか言われても どうしようもない。
いつまで繋がらないままか さっぱりわかんないし。



閉鎖したって思われてたし(苦笑)
↑これは予想してたから別にいいけど。



無料スペースだから そう文句は言えないと思ってるけど
突然、上下だけの広告が左端にも表示されるようになって
スペースが圧迫されるようになったし・・・・。

最近不満がいっぱいだった上に 今回のことだから
我慢の限界。


ただ、1年以上使ったから 引っ越したくない思いも・・・・。


とりあえず、急だったからじっくり探せず急いで決めちゃった。
まぁ今のトコ不満はないかな?
お引越し記念にリニュとかできたらいいんだけど
当分できそうもないっぽい(T-T)


ということで、引っ越しても全く変化のないサイトですが
お引越しを見つけてくれた人 新しい人。
みんなまとめてよろしくお願いしますm(._.)m





10月20日 『台風被害とおじいちゃんの誕生日』



今日の台風は凄かった。
日本各地で被害が出てるから ここで書かなくても
どれだけ酷いかはわかるだろうけど・・・・。


とにかく凄かった。


私には直接被害はなかったけど 弟は被害にあいまくり。





会社が浸水したらしい。





弟の会社。
最近広告代理店になったばかりの もともとは印刷会社。
勤務してる部屋は3階だから被害はなかったみたいだけど・・・・。

浸水したのは1階の印刷工場。
50センチくらい水に浸かったらしい。


当然、印刷の機械も水に浸かった。
そして、納品予定の印刷物まで。
大丈夫なんだろうか?


弟はこれでボーナスなくなるかも と凹んでる。
デザイン部だから機械のことは全くわからないらしいけど
なんとなく機械も壊れてそうって言ってたし。

かなり心配。
タダでさえ安月給なのにね・・・・。


ということで、意外な?ところでも台風は爪跡を残した。





そうそう、今日はおじいちゃんの83回目の誕生日。
久しぶりに電話して お話をした。
「お正月には帰ってきなよ」って言われてしまった。

もちろん帰るよ。
だからおじいちゃんも元気でいてね。

ホントはもっと頻繁に顔見せてあげた方が良いんだよね?
なかなか帰らなくてゴメンね。

お誕生日おめでとう。私の花嫁姿を見るまでは元気でいてね。





10月21日 『不幸中の幸い?』



今朝、起きたら 会社の定時に間に合う最終の電車の発車時刻だった。



遅刻確定。



どうせ遅刻するんだったら 昨日から左目が充血してたので
眼科に行って遅刻したことにしよう。
なんて ものすごくいい加減な気分で とりあえず通勤前に眼科に行った。



「コンタクト入れたまま眠っちゃって 目に傷がついたかもしれないんです」


そう言って 診察してもらった。
左目を見た先生は 

『こりゃ大変だ!!!』
『いつからこうなってるの?』

想像以上に深刻に聞いてくる先生に 焦る私。

「3日前くらいからです」

『コンタクトいつ入れたの?』『いたくなってから入れた?』

「3日前くらいにちょっと痛くて・・・・。」
「それから1回コンタクトつけたんですけど 痛くなったので外しました」

『ダメだよ!大変なことになってる!!!』
『角膜に傷ついてね 星ができてる。』
『その星の中にバイ菌が入ってエライことになってるわ』
『このまま放置してたら目見えなくなるよ』
『ショウシャクっていって焼かなきゃだめだね』

『はい、隣りの部屋のベッドで寝て。すぐに治療するから』



かなり怒られてしまいました。
こんなに大変なことになってるとは思いもしなかったので
オロオロする私(苦笑)
焼くってどういうこと?

ドキドキしながらめちゃめちゃ不安になってると・・・・

『点眼麻酔しますね〜』

目を瞑ったまま数回の点眼麻酔。
目の手術?って見えるから怖い。

そのうちに先生がやってきて ショウシャク?のはじまり。
っていってもあっという間に終わった。
麻酔してるのに痛いし。

アカチンも点眼。
初めて知った。点眼のアカチンすると一瞬目の前が真っ赤になる。
凄いなぁと思いながら 目を閉じてすぐ眼帯。



左目はずっと激痛。
右目はなかなか開けない。


そんな感じでバタバタと治療は終了。
先生には
『明日絶対に来なさい!』『目はムリしちゃいかんよ』
とまたまた怒られる。

今まで行ってた眼科にはいなかった ものすごく怖い先生。
痛いのよりも怖いのがヤダ。
コンタクト外す前に 眠気に負けた私が悪いんだけどさ。
そんなに怒らなくても・・・・。


治療代を払って病院を出る。
おもいっきり視界が悪い。っていうか 右目も左目の痛みの影響で
ちゃんと開かなくなってる。

これじゃあ 会社行くのも大変だし 会社行っても仕事にならない。
絶対にPCの画面見ても読み取れない。



どうにかして仕事に行こうと考えるも 無理だと判断して会社に電話。
しょうがないけど なんだかものすごく申し訳ない。


家に帰っても 目が使えないから 本も読めないしテレビも見れない。
もちろんパソコンもできない。
左目はジンジンと痛みが走るし 最悪。


とりあえず、台風のためにできなかった洗濯をして ぼーっと過ごす。
ずっと目を瞑っていたら いつの間にか眠ってしまってた。




気付けば夕方。




夕方には眼帯外して良いですよって言われてたから 外す。
少しづつ視界が広がり 痛みもなくなった。

あぁ 目が見えるってとっても良いことだなぁ。
ものすごく実感。




目が悪くなって今まで メガネで2日以上生活をした事ない私。
視力が落ちてすぐ メガネとコンタクトを同時に作った。
メガネはほとんど使わず ずっとコンタクト生活。

その理由はメガネが嫌いだから。

治るまで1週間はかかるよと言われたから・・・・。
1週間は大嫌いなメガネをかけて生活しなきゃならない。
あぁ、それを考えただけでも憂鬱。



だって、メガネが全く似合わないんだもん。
でも 目が見えなくなるのを考えるとそんなこと言ってられない。
自業自得だけど やっぱりコンタクトがいい。

はあぁ〜。

早く治して 早くコンタクト生活に戻りたい。
と失明の危機になってたのに懲りてない(苦笑)



今回は本当に不幸中の幸いと言うか・・・・。
寝坊したので助かった。
ちゃんと起きて生活してたら そのまま失明してたのかなぁ?
手遅れになってたのかなぁ?

考えただけでも怖い。

これからはちょっとでも おかしいなと思ったらちゃんと病院に行こう。 そこはちゃんと反省した。





10月24日 『東福寺と洛北の里』



母上が遊びに来てるので 京都まで日帰り観光。


来る前から 『六盛の手をけ弁当が食べたい』と言ってたので
調べて手をけ弁当がついてる京都のバスツアーを検索。
1個しかなかった・・・・。

ということで、迷うことなく数日前に予約済みだったのです。


メンバーは私と母上と弟。
弟まで一緒に行動するって事は 他の家庭では珍しいとか。
でもでも、母上が来たら3人で行動する事は多い。

ちょっとだけ私と母上でお買い物とかはあるけど・・・・。

逆に、弟が実家に帰ったときは一緒に行動しない。
と言うか実家に帰ってきてるはずなのに 家にいる事が少ない。
だからなのかなぁ?


とにかく、3人で行動。

まずは東福寺。
紅葉の名所だそうで・・・・紹介の写真は真っ赤。

が、まだまだ紅葉の季節には 程遠く もうすぐ色付くよ〜って
葉っぱとまだ青々としてる葉っぱが生い茂ってた。



でも、あ〜ここは紅葉シーズン絶対きれいだろうなぁって
想像しただけでワクワクなるようなそんな場所だった。
色付いてなくても十分満喫できる場所だったから。



で、ほとんど自由行動だったので お寺を見ながら
何処かのツアーのガイドさんの話を混じって聞いたり
枯山水の模様はどうやってるのかを 真剣に語りながら
3人で庭を見たり。

面白かった。

東福寺のあと メインイベント?のお弁当。
お弁当といっても外で食べるのじゃなく 六盛まで行く。
色んな味がちょっとずつ詰まってる ステキなお弁当だった。

味は上品。
あぁ、これは高いんだろうなぁって感じ。

ちなみに、弟は味にうるさい。
どうだった?って聞いたら 
「高い味やけど 俺の口には合わん」だそうな。
あまり上品なものは口に合わないらしい。
でも、良いか悪いかは わかるって自慢?してた。

確かに味はわかるんだよねぇ。
母上の料理のおかげなんだろうか?

お昼を食べて 一休みしたら 今度は洛北の里巡り。
地図を渡されて 勝手に行きたいお寺に行ってねってやつ。
またまた自由行動。

曼珠院と詩仙堂へ。
ここも紅葉の名所。
まだ早い次期だと言うのに 紅葉の名所ばっかり行くなんて・・・・。

今年の紅葉は絶対見にいこうって思ってしまう。
どうせなら母上も紅葉の時期に連れて行ってあげたかったなぁ。
でも、そんな時期に来れるわけもなく。
来たら来たで人いっぱいで疲れるのが想像できる。

ということは、この時期は紅葉が見れない分穴場なのかも。

2時間十分に歩いて満喫。
バスの集合場所の前にあった 天然酵母のパン屋さんでパンを買い
自由行動は終了した。

駅までのバスの中。
母上熟睡。
ず〜っと坂道だったので疲れたみたい。

私もお疲れ。

そのまま母上は実家に帰る予定だったんだけど
バスの時間までまだ早い。
かといって、お買い物に行く元気もなく・・・・。

『バスの予約時間早くしてもらうわ』

と言って 予約より早いバスで 母上は帰った。
弟と2人暮しをはじめてから 母上はよく遊びに来るようになった。
それだけ心配かけてるのかもしれないけど。

来やすくなったのは良い事だ。
こっちに来た時くらいは親孝行してあげたいんだけど・・・・。
今の私は母上の観光に付き合うくらい。
しかも、母上負担だから 孝行にはなってないという(苦笑)

いつか私のお金でどこか連れて行ってあげたいなぁ。 そんな事を思った京都観光でした。





10月28日 『父上来襲』



28日はものすごく楽しみにしてた日だった。
私にとっては初体験♪

初の合コン♪だったりしたのです。
合コンの内容はあえて書きません(笑)
ものすご〜く楽しかったですけどね・・・・。


どーしても、内容が聞きたい人はメールでコッソリ教えます。
なんちゃって。



プチ事件はこの合コンの 終盤に起こったのです。

もう、終電の時間が近付き そろそろお開き・・・・。
って時間になり みんなでメアドの交換とかはじまってる頃。

私の電話が鳴りました。



着信。
公衆電話。




え?

公衆電話って誰よ?



そう思いつつ 電話に出る。


『もしもし〜。あの〜 ワシやけど』



!!!

お父さん!!!



『今、地下鉄の御堂筋北口におるけん』


は?
なんで?
なに?

私聞いてないよ?


『どないしよか〜?姉ちゃんまだ仕事しよんか?』


どうやら、うちに泊まるらしい。
あ、そういえば父さんフィリピン旅行行ってたんだった。
帰りにうちに泊まるのね。

やっと理解できた私。
でも、今は楽しい楽しい合コン中。

「え〜。姉ちゃん今、飲み会中よ。まだ時間かかるけんどうしよう?」
「よっし〜(弟)に電話してみて〜」

『よっし〜な、電話しても繋がらんのよ』

「う〜ん。でも、姉ちゃんまだ帰るん時間かかるけんなぁ」
「ほな、とりあえず○○駅(我が家の最寄駅)まで行っといて」
「よっし〜には姉ちゃんから電話してみるわ」
「どっちか早いほうが駅で拾うけん。それでいい?」

『わかった。ほな○○駅で待っといたらいいんやな?』

「うん。それでいいわ。ほな、お願いします〜」


弟に電話する。
まだ仕事中で帰宅には1時間はかかるらしい。

きっと私もそれくらい。

父上携帯電話を持ってません。
向こうからの電話がないと 全く連絡がつかない(苦笑)

とりあえず気になりつつ みんなの元に戻る。


ちょうど、みんなも帰り支度をはじめてた。
なんかめっちゃタイミング悪っ(泣)
少し尻切れトンボなままお店を出る。


みんなとバイバイ。
気になりながら とりあえず母上に電話。

私に電話したあとからの 連絡は母上にもなかった。

帰りの電車に乗ると・・・・。
乗った車両に 弟も乗ってた(笑)
あ、私の愛用車両は弟の愛用車両でもあるんだということに驚く。


二人で話しながら 帰る。
30分後にまた電話してとか 向こうから連絡してもらえる様に
言っといたらよかったのに・・・・。

と要領が悪いと弟に怒られる。


だって・・・・。
ものすごく楽しんでる時にいきなり電話かかってきて
今から迎えに来いって勢いで喋られるとテンパっちゃうんだもん(泣)


確かに私の対応も悪かったなぁと反省。
駅に着いて改札を出ると ひとりヒゲ面のオッサンが立ってました。
明らかに父上。

なんとか無事にひろえてよかった。


何もない殺風景な駅で ひとりで1時間も待ってたらしい。
ちょっと悪い事したかな?



でもでも、あの電話じゃねぇ。

『帰りの最終バスに間に合わなかったから 家に泊めて欲しい』
『今、○○にいるからどうしたらいい?』
そう言ってくれると 私も少しは焦らなかったはず。


まぁ、うちの父上にそれを求めちゃダメだなぁ。
そういう父上なんだから 対処できなかった私が未熟だったのかぁ。


弟は自転車だったので 先に帰り。
私と父上は歩いて家に向かう。



旅行はめちゃめちゃ楽しかったようで・・・・。
いつもすぐに怒る 短気で自己中な父上が 超ご機嫌。


私は、いきなりの電話で少し不機嫌だったけど。
まぁ珍しくご機嫌な父上を見て しょうがないかと気をとりなおした。


でもでも、もうこんないきなり来られるのは嫌だ。
そして、こんなタイミング悪いのも嫌だ。





10月30日 『ハシゴ』



飲み会とかでハシゴってしたことあります?
ひと段落?したら次の店にって移動して飲み直す あのハシゴ。

私も、3軒くらいなら経験あったんです。
でもでも、今日新記録を出しました。



合計8軒。



すごくない?

ことの始まりは仕事中。
帰りに鍋食べに行こうと誘われました。

特に予定はないので OK。
部長と先輩とデザイナーさんと私の4人で鴨鍋。


めっちゃめちゃ美味しかった。


そして、バーでも行こうか と店を出る。
次のバーは1杯だけと言うルールで。

バーというかオシャレなレストランって感じのところに入る。

4人で白ワインを1本。飲みながら お話。
私は聞く専門だったんだけど 会社のこととかで白熱した会話。
ついていけない・・・・。

飲み終わった頃。

平行線のままのお話をうちきるため?次の店へ。


次は会社の裏のバー。
1軒につき1杯しか飲まない。
そんなルールがいつの間にか決まってたんだけど・・・・。
とりあえずここのバーはお酒が美味しいので2杯飲む。

今日はやれることをちょっとずつしよう!ってことになった。

そして次の店へ。
次はカラオケ。
1曲歌ったら次の店へ。って言ってたけど・・・・。
もうちょっと歌いたいって結局1時間。

ひとり2・3曲歌って出る。

次はミナミのクラブへ。


弟が月1ぐらいでイベントをしているクラブを聞いて行く。
生憎、今日は弟のイベントの日じゃなかった。
先輩が踊りたかったらしいんだけど・・・・。

全く盛り上がってない。
踊れる雰囲気でもない。
客の年齢層が若すぎて浮いてる。

さらに、スラム街っぽい雰囲気。
先輩もかなりテンションが下がってる。というか雰囲気見てひいてる(苦笑)

ということで、お酒を1杯だけ飲み そそくさと出る。


ボーリング場が開いてたので ボーリングを。
1ゲームのみ。
缶ビールを飲みながら 1ゲームやって ボーリング場を出る。


そして、また近くのバーへ。
休憩と言いつつ またまたお酒。


横になりたいと先輩の発言で 次の場所は本当に休憩できる場所へ。


といっても下にある ソファーのあるバー。
ソファーに座って お酒を飲みながら またまたお話。

なんでも相談に乗ると部長が言うので 恋愛相談を。
部長って言っても歳は私の1コ上。
納得したようなしてないような・・・・。
言ってることはわかる。
でもなぁ・・・・。って感じ。

恋愛相談って何を聞いても結局は自分がどうするかだな
そう思っただけだった(苦笑)
結局のんびりとしてたのでここでは2杯のお酒。


ラーメンが食べたいと部長が言い出し店を出る。
ラーメンが食べたいのは部長だけだったり・・・・。
みんな帰りたがってた。

ラーメンに行くから送って と言う条件でみんな承諾。

が、ラーメン屋さんへの道を間違い ラーメン中止。


まずは先輩の家へ。送る。
はじめっからだけど 思いっきり飲酒運転です(泣)
本人全く気にしてないけど 私はドキドキ。
捕まっても30万なんか払えません。

次は私の家へ。
ナビを無視して走ってる車。

どこ連れていかれるんだろう?
京都へ向かってるし(苦笑)


と、少し遠回りしたけど ちゃんと送ってもらった。
こんな感じで8軒のハシゴ。

19時半に会社を出て 帰宅は朝の6時。
全部奢りだったけど・・・・。
大人にしかできない遊びだと思ったけど。
まぁ楽しかったけど。

当分はこんな飲み方したくないです。
私はやっぱり1軒のお店でじっくりのんびりお酒を飲む方が好き。




もどる


Copyright(C)2003-2005 deme All rights Reserved