×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぽけっと☆ http://pocketstar.nobody.jp
とっぷ ぷろふぃーる さいとまっぷ れんあい おはなし
にっき きまぐれ けいじばん めーる りんく

れんあい  

 ファーストキス 
私のファーストキスは多分遅い方だと思う。
もう20代半ばになるけど まだ付き合った人はいないし・・・・。
一応の彼氏いない歴 年齢と同じ。


ファーストキスの味はレモンの味なんて誰が考えたんだろう?
私はファーストキスの味は?って聞かれたら 答えることが出来る。




そんな私の ファーストキス。




それは 大学3回生になる前の春休みだった。
当時の私は マサのことが好きだった。
確か・・・・卒業式の前の日だったと思う。
私もマサも 大学の合唱団に所属してた。
卒業式のリハを終えた後で マサからお誘いを受けた。

マ 『今夜 飲まへん?K君の家で。ブランデー持って来てんねん。』
私 「貴教のライブあるから その後で良い?」
マ 『おぅ。じゃあライブ終わりにK君に電話して。』

いつもの感じで いつもと同じのお誘いだった。
それだけでも 当時の私は浮かれ気分だったと思う。




ライブが終わって すぐに帰って シャワー浴びて 夕飯食べて
するとK君からの着信。電話に出るとマサからだった。
『あの〜待ってるんですけど・・・・。』
かなり急いでK君の家に行った。

K君の家に着くと『ちょっと待って!』と入れてもらえない。
部屋に入ると・・・・・男ばっかり(苦笑)
エロビ鑑賞してたみたいやし。
まぁ そんなトコに呼ばれる女性って私くらい? ( ̄▽ ̄;A



そんなこんなで ワイワイとお酒を飲んだ。
ブランデーが結構効いたのか かなり酔っ払った。




いつ頃だっただろうか?
マサとプリングルス(ピザ味)での遊びが始まった。
いわゆる恋人同士がよくやってるやつ(笑)
たぶん他のメンバーが帰って 家主のK君が寝てしまった頃だと思う。

始めは結構 唇と唇の距離があったのに・・・・。
それがどんどん 近くなって
唇が触れて




キス。





それが私のファーストキス。
それだけで終わったら 甘酸っぱい思い出になったかもしれない。




その後 深いキスに発展して・・・・。
あわや最後まで(苦笑)

よく考えたら 隣りでK君寝てるのよ(爆)


『後輩に手を出すなってのは言われてるけど お前後輩やないからなぁ』
『俺、酔っ払ったら誰とでも こういうこと出来る人やから』
そう言われても 好きだから・・・って思ってしまった。
その後 私が苦しむ大きな原因になったファーストキス。

でも、キスっていいなぁって思えた。
今ではちょっと懐かしい。
ということで 私のファーストキスの味は


『ブランデーとプリングルス(ピザ味)』




貴方のファーストキスは何の味でした?



もどる


Copyright(C)2003-2005 deme All rights Reserved