×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぽけっと☆ http://pocketstar.nobody.jp
とっぷ ぷろふぃーる さいとまっぷ れんあい おはなし
にっき きまぐれ けいじばん めーる りんく

れんあい  

 バレンタイン’06 ■
バレンタイン当日。
いつもは履かないスカートにブーツ。
バッグも通勤用じゃないものを選ぶ。

用意しておいた紙袋にトリュフとフォンダショコラ・手紙を入れる。

化粧ポーチといつお泊りになってもいいようにコンタクトケースその他を
コッソリバックの奥底に忍ばせる。


定時は18時。
なおくんの仕事終了時間は20時。
遅くても19時には会社を出なければ・・・・。

いつもより真面目に仕事をする。
いつもより早く帰るために。


19時すぎなんとか仕事終了。なおくんの職場へ向かう。
地下鉄の中 なおくんへメールをする。



「仕事が終わったら連絡ちょうだい」と。



実は、チョコレートを渡しに行くことは言ってなかった。
なんとなく、渡しに行きますって改めて言うのもこっぱずかしいし。

すると、予想通りというか、なんというか・・・・
いつものような返事が届く



『今日はそないに時間とれないけど良い?
ラジコン屋行かなきゃいけないんだよね〜。』



「アカン!」なんて言える訳じゃなく。
「渡したらすぐ帰るつもりやったし別にいいよ」と返事をする。



難波到着。
思ったよりも早く着いたので、いつもの珈琲屋さんへ。
いつもは20時閉店だから ギリギリ閉店前かな?と思ってたら
お店が変わって閉店時間も遅くなってた。

カフェラテを飲みながら 安心してメールを待つ。
景色は違うけど いつもの場所。落ち着く。





20時を5分くらいすぎた頃 メールが届く。

マクドナルドの横にいるというので 早歩きで向かう。
さすがに、ちょっとドキドキ。
よく考えたら顔見るの私の誕生日以来(約5ヶ月ぶり)だ。





マクドナルドの角を曲がると なおくんが立っていた。



『久しぶりー。』

ハイ。(紙袋ごと渡す)

【紙袋の中身をジロジロ見る。】

なにー?

『いや、今年は器ごと入っとる・・・。
バイクの中に入るかなぁ???』


潰したら入るんちゃう?
ぐちゃーっと(笑)


【なんとかしてバイクのメットインに収納】

『髪の毛くるくるになったなぁ』

うん。

『寝癖か?』

ちーがーうー。
パーマやってー。


【メットとグローブを装着】

相変わらず物々しいなぁ。

『そうか?フツーやで』
『んじゃ、時間ないから行くわ』
『また、今度ゆっくりな』


うん。
じゃあねー。





会った時間 多分、1〜2分。
自ら発した言葉を全部覚えてるくらい(苦笑)


睡眠時間4時間の頑張り。
めいっぱいのおめかしは、全てこの短い時間のためだった。

予想以上に短い時間だったけど。まぁこんなもん。
深夜にお手紙を読んだらしきメールが届く。






『いつか必ず。

近い将来必ず。

一緒に暮らそうな。』






その未来が描けない私には 素直に喜べない部分があり
もやもやもやもや・・・・


翌日、『来る?』なんてメールをもらうも終電10分前。
行ける訳ないやん。
いっぱい行く方法を考えたけどやっぱムリ。フテ寝。






深夜。
『旨い!コーヒー淹れて正解』のメールが。






はじめて?
賞味期限内に食べてもらえた。それだけで嬉しい。
さらに、「中は溶けたチョコレート」だと・・・・大成功♪




そして・・・







『旨かったけど、来年はも少し甘さ控えめで頼んます』







来年も私からチョコレートをもらう気でいることが判明。
当たり前のように来年のチョコを要求してくるなおくん。

反面、今度こそ来年はもうないんじゃないかと 思わずにはいられない私。




嬉しいのに素直に喜べない。
自分がどうしたいのかがわからない。

少し無理をしても 手作りのチョコレートを渡したかった。
めいっぱいオシャレをして 逢いたかった。


泊まりをほんの少し期待して お泊りセットも持参した。



それも全部、私の気持ち。
来年 私が誰にチョコレートをプレゼントするのかは自分でもわからない。


その相手がなおくんであって欲しいような そうでないような・・・・。
とりあえず、私の中では今年のバレンタインは成功。



少なくとも、私の気持ちは少しは届いてると思えたから。




そんなバレンタイン。

女の子が頑張る日。

今年も頑張った私。お疲れさま。
 

もどる


Copyright(C)2003-2005 deme All rights Reserved